DHT抑制育毛剤

DHTはどうすれば抑えられる!?

ジヒドロテストステロン、略してDHT。

 

DHT(ジヒドロテストステロン)は、男性型脱毛症の根本的な原因物質です。
DHTが脱毛作用を働くことで男性型脱毛症は進行していくのです。

 

男性型脱毛症を改善したいのであれば、
DHTの発生を抑えなければいけません。

 

DHT(ジヒドロテストステロン)の発生を抑えなければ、
男性型脱毛症はどんどん進行していくのです。

 

薄毛の進行の仕方、進行具合は人それぞれですが、
男性型脱毛症の典型的な症状は、以下の3パターンです。

 

  • 前髪が後ろに後退していく
  • 頭頂部の薄毛が広がっていく
  • 前髪+頭頂部の薄毛が広がっていく

 

男性型脱毛症が怖いのは、放置しておけばどんどん薄毛が進行していくところです。
ハゲ方、薄毛の進行具合は人それぞれですが、最終的には側頭部と頭頂部の薄毛を残して、
全ての髪が抜け落ちてしまうのです。

 

 

 

 

抜け毛や薄毛の対策と言えばまずは育毛剤を使用することです。

 

男性型脱毛症で悩んでいる男性の中には、
DHTを抑える育毛剤を探している人がいると思いますが、

 

 

DHTを抑制する育毛剤 = 5αリダクターゼの作用を抑える育毛剤

 

 

ということになります。

 

男性ホルモンの元々の成分はテストステロンです。
このテストステロンという物質が5αリダクターゼ酵素の還元作用によって
変化したのがDHT(ジヒドロテストステロン)なのです。

 

テストステロン + 5αリダクターゼ ⇒ DHT(ジヒドロテストステロン)

 

なので、

 

DHT(ジヒドロテストステロン)の発生を抑えたいのであれば、
5αリダクターゼ酵素の働きをブロックする必要があります。

 

  • DHTを抑制すること = 5αリダクターゼ酵素の働きをブロックすること

 

なのです。

 

  • DHTを抑制する育毛剤 =5αリダクターゼの働きをブロックする育毛剤

 

ということになるのです。

 

DHTを抑制する効果がある育毛剤は、言い換えれば
5αリダクターゼの働きをブロックする育毛剤だということをまずは理解して下さい。

一番よくDHTを抑制する育毛剤は!?

巷には様々な育毛剤がありますが、最近はDHT(ジヒドロテストステロン)の発生を
抑制する育毛剤が発売されるようになりました。

 

数はまだ少ないものの、5αリダクターゼの働きをブロックし、
DHT(ジヒドロテストステロン)の発生を抑える育毛剤が各メーカーから出ているのです。

 

その育毛剤の名を挙げると、以下となります。

 

DHTを抑制する育毛剤

チャップアップ、プランテル、ポリピュアEX、イクオス、MSTT1、ブブカ、QEPPER、HAYABUSA

 

 

男性型脱毛症の根本的な原因物質は、DHT(ジヒドロテストステロン)です。

 

男性型脱毛症の進行を一刻も早く食い止め、DHTが原因の
抜け毛、薄毛を改善したいのであれば、最もDHTの抑制効果が高い育毛剤
選ばなければいけません。

 

言い換えれば、最も5αリダクターゼ酵素の働きをブロックする育毛剤
を選ばなければならないのです。

 

で、

 

現在発売されている育毛剤の中で最もDHT抑制効果が高い育毛剤を
一つが挙げるとすれば、間違いなくチャップアップでしょう。

 

 

 

 

チャップアップは、5αリダクターゼの働きをブロックする働きに非常に優れています。
5αリダクターゼの還元作用を抑え、DHTの発生を徹底的に防いでくれるのです。

 

5αリダクターゼ酵素の働きをブロックし、DHTの発生を抑える
効果のある育毛剤はチャップアップ以外にもありますが、
チャップアップ、プランテル、ポリピュアEX、イクオス、MSTT1、ブブカ、QEPPER、HAYABUSA
この8つの育毛剤のDHT抑制効果を比較すると以下のようになります。

 

DHTの抑制効果(5αリダクターゼの働きをブロックする力)

チャップアップ
プランテル
ポリピュアEX
イクオス
MSTT1
ブブカ
QEPPER
HAYABUSA

 

 

上記から分かるように、チャップアップのDHT抑制効果は他の育毛剤より圧倒的に高いです
5αリダクターゼの働きをブロックする効果が非常に高いのです。

 

チャップアップには、オウゴンエキス、チョウジエキス、ヒオウギ抽出液、ビワ葉エキス
という4つの生薬有効成分が含まれており、この4つの成分が5αリダクターゼ酵素の
働きを徹底的に抑えてくれるのです。

 

他の育毛剤にも5αリダクターゼ酵素の働きをブロックする成分は含まれてはいるものの、
チャップアップと比較するとその効果は限定的です。

 

育毛剤の効果効能は、その商品によって異なります。

 

頭皮の血行促進効果が高い育毛剤、頭皮の保湿効果が高い育毛剤、
皮脂分泌の抑制効果が高い育毛剤、毛母細胞の活性化力が高い育毛剤、
髪の原料となる成分を多く含んだ育毛剤、殺菌効果の高い育毛剤・・・

 

現在巷にはたくさんの育毛剤が存在し、各効果の高さ、低さは
それぞれの育毛剤によって異なります。

 

 

ですが、

 

 

DHTを抑制することに重点を置いて育毛剤を選ぶのであれば、
選ぶべきはチャップアップですよ!

 

 

DHT抑制力が一番高いする育毛剤!

「チャップアップ」

 

 

プロペシアはまだ使うな!

”育毛剤”ではなく、男性型脱毛症の”治療薬”と言えばプロペシアです。
男性型脱毛症でお悩みの人の中には内服薬であるプロペシアの服用を
検討している人もいると思います。

 

近頃はAGA治療を行っているクリニックも増えてきており、
クリニックに行けばプロペシアを処方してもらえます。

 

”薬でDHTを抑える”ということになれば、使用すべき薬はプロペシアということになりますが、
プロペシアは薬なので当然、副作用を伴います。

 

プロペシアを使用することで伴う副作用には以下のものがあります。

 

  • 肝臓障害
  • 勃起障害
  • 性欲減退
  • 睾丸痛

 

症状の表れ方は人によって異なりますが、プロペシアを服用するのであれば、
これらの副作用が伴うリスクを覚悟する必要があるのです。

 

「髪を増やしたいけど副作用は嫌だ!」
「副作用なしに男性型脱毛症を治したい!」
「薬を使わずにDHTを抑制したい!」

 

と考えるのであれば、プロペシアを使用するのはオススメできません。
まずは副作用の心配が不要なチャップアップから始めるのが得策です。

 

プロペシアはフィナステリドと呼ばれる化学成分
5αリダクターゼの働きをブロックします。

 

化学合成された成分が働きかけるため、副作用が伴うのです。

 

一方のチャップアップは、化学合成された成分ではなく、
植物性由来成分が5αリダクターゼの働きをブロックします。

 

化学合成された成分ではなく、植物性由来エキスが働きかけるため、
プロペシアのような副作用の心配も不要なのです。

 

副作用の心配もなく、体に負担を負担をかけることなくDHTを抑制
したいのであれば、やはり育毛剤チャップアップを使用したほうがいいですよ!

 

 

DHT抑制力が一番高いする育毛剤!

「チャップアップ」