DHT抑制 喫煙

タバコがDHTを増やしている!?

喫煙はDHTを増やして薄毛の原因となるというのは広く知られている話です。
喫煙は何かに良い影響を与えるという話は聞いたことがありません。

 

 

たまに、禁煙をすることでストレスがたまってよくない!
なんて話はありますが、それは間違った発想です。
吸わないからストレスがたまるのではなくて、吸っているからこそ、そのストレスが出てくるのです。

 

 

喫煙はDHTに影響する

昔は喫煙とDHTの増加は無関係とされていたようですが、
最近では喫煙者のDHTは非喫煙者よりも多いことがわかりました。

 

喫煙をすることで血管が収縮するために体の血行は悪くなります。
そしてタバコは体の中にあるビタミンやミネラルを破壊していきます。
喫煙は体に負担をかけるものなのです。

 

DHTはストレスを感じたり疲れがたまっていたりすると多くなっていくものです。
DHTの一番の原因はストレスだとも言われています。

 

喫煙することで体は負担を感じて、ホルモンバランスが崩れてしまうのです。
男性ホルモンの乱れはDHTを増加させてしまうのです。

 

 

喫煙からの髪への悪影響

喫煙が髪に良い影響がないというのは分かっていることだと思いますが、
どんな悪い影響を及ぼすのかを詳しく紹介していきます。

  • 髪が細くなる
  • 髪にツヤがなくなる
  • 髪にハリコシがなくなる
  • 白髪が増える
  • 抜け毛が増える

ということが起きます。

 

喫煙によって髪に必要な栄養素が破壊されてしまうということや、
ニコチンによって血管が収縮するということが原因となります。

 

タバコは吸えば吸うほど、体の中のビタミンを破壊していきます。
ビタミンC、ビタミンB、ビタミンEがなくなっていきます。
ビタミンBやビタミンEというのは髪の成長には欠かせない栄養素です。
その栄養素がなくなっていくということは、髪が健康に育たなくなってしまうということです。

 

 

ニコチンによる血管の収縮

喫煙をするとニコチンの影響で血管が収縮されるというのは
髪の毛に関したことだけではなくて、病気に関してのことでも
よく言われていることです。

 

薄毛の原因となる大きな原因は頭皮の血行不良です。
頭皮に血行不良が起こることで髪の毛の成長に必要な栄養素は
送り届けられなくなります。

 

髪の毛が薄くなるという症状もありますが、動脈硬化の恐れだってあります。
薄毛の対策をしている多くの人は、頭皮の血行をよくする対策をしていると思います。
そんな対策をしていても喫煙をしていたら元もこうもないということになります。

 

 

肝機能が低下すれば栄養素が循環されない

喫煙は肝機能も低下させる恐れがあります。

 

肝臓は髪に必要な栄養素を体に使える形にして送り出すとい働きをしています。
肝機能が低下してしまえば、いくら髪に良い栄養素を取り入れても
頭皮に循環されることがなくなってしまうのです。