DHT抑制 食べ物

DHTを抑えてくれる食べ物を紹介します!

ジヒドロテストステロンは通常「DHT」と呼ばれているもので、
男性の薄毛を引き起こす原因となるものです。
DHTが原因となるものならば、この物質の分泌をなんとかして抑えていきたいものですよね。

 

DHTは食事で取り入れる食べ物を意識していくことで抑えることができるとされています。
今回はDHTとはどんなものなのかということと、DHTはどのような食べ物を摂取していけば
抑制していくことができるのかということについてお話ししていきます。

 

 

DHTとはそもそも何なのか?

ジヒドロテストステロンこと「DHT」はそもそも何なのでしょうか。
DHTについて調べていくと、難しい単語が並んでいますが分かりやすく簡潔に説明していきます。
DHTは男性ホルモンの「テストステロン」が毛根周辺にある「5αリダクターゼ」という酵素と
結びつくことで作り出される薄毛を引き起こす物質です。

 

男性ホルモンのテストステロンというのは、男性の体を作り出すためにはなくてはならないホルモンです。
例えば、生殖器を発達させて声変わりをさせるようなホルモン!
それがテストステロンだと言えばわかりやすいと思います。

 

 

DHTはなぜ薄毛の原因となるのか

DHTができてしまうのはわかったけど、なぜDHTが薄毛の原因となってしまうのかというと、
DHTは毛母細胞に入り込んで毛母細胞で起こっている細胞分裂を抑制してしまうのです。
毛母細胞が細胞分裂を繰り返していかなければ、髪の毛は育っていくことができなくなります。

 

ならば、DHTをなくしていけばいいんじゃないの?
と思うのですが、DHTは薄毛の原因になりながらも体にとって重要な役割もしています。
DHTは母親のお腹の中にいる胎児の時に、男性の生殖器を作り出すというとても重要な役割をしています。
この時点で、DHTが不足してしまったりしていると上手く成長していくことができなくなってしまうのです。
DHTは男性にとって、とても大事なホルモンなのです。

 

 

DHTを抑えるためには5αリダクターゼを抑える

DHTにはテストステロンと5αリダクターゼが関係しています。
テストステロンの分泌量はそれほど個人差はありません。

 

一方の5αリダクターゼの分泌には大きな個人差があります。
5αリダクターゼが多く分泌されるほどDHTは増えていきます。
5αリダクターゼの分泌を抑えていくことで、DHTを抑制することができるのです。
5αリダクターゼの分泌を抑えていく方法として食べ物を意識していくという方法があります。

 

 

DHTを抑えることのできる食べ物

DHTを抑えていくために、5αリダクターゼの分泌を抑制することができる食べ物を取り入れていきましょう。
食べ物ならば薬のように副作用がなく薄毛の対策をしていけるので安心です。

 

亜鉛を含む食べ物

亜鉛は5αリダクターゼの分泌を抑える効果があります。
亜鉛が含まれているものの代表的なものといえば「牡蠣」です。

  • 納豆
  • 牛肉
  • レバー
  • チーズ

に含まれています。
亜鉛は、ストレスを感じたり、疲れがたまっていたりするとどんどん消費されていく栄養素です。

 

大豆でできた食べ物

大豆イソフラボンは5αリダクターゼを抑える効果があります。
大豆でできている食べ物がDHTを抑制していくことにつながります。

 

亜鉛も含まれている納豆が特に良いのですが、納豆が苦手な人も多いと思います。
そんな人は豆腐も効果的です。
髪の毛はタンパク質からできているものでもあります。
大豆のような植物性タンパク質は体にも良いです。

 

緑茶や紅茶

緑茶の飲み方には一工夫必要になります。
緑茶だけを取り入れるとDHTは増加します。
大豆食品と緑茶を一緒に取り入れることでDHTが抑えることができます。
これは難しく考えずに、食事の飲み物を緑茶にすれば良いのです。

 

ただし大豆と緑茶の組み合わせはテストステロンを減少させてしまうこともあります。
そこで緑茶ではなくて紅茶にすると効果的です。
紅茶と大豆の組み合わせなら、テストステロンを減少させることなくDHTを抑制することができます。
これってとても不思議なことですよね。