DHT レセプター

DHTと男性ホルモンレセプターの結合が薄毛をもたらす!

ジヒドロテストステロン、通称「DHT」が男性の薄毛の原因になるということは知られてることです。
このDHTはストレスや毎日の生活習慣の乱れ、男性ホルモンの影響などから増えることがあります。
DHTについて詳しくお話ししていきます。

 

 

薄毛の原因となるのは?

DHTは男性ホルモンのテストステロンと毛根周辺で分泌されている5αリダクターゼが
合わさって結合することで作り出されます。

 

DHTは簡単に言えば、超強力な男性ホルモンです。
できあがったDHTは、さらに毛乳頭細胞の中の男性ホルモン受容体と結びつきます。
そうすると髪の毛の成長を妨げる「TGF-β」という成長抑制因子ができます。
この一連の働きが繰り返されることが薄毛の原因となります。
これがAGA(男性型脱毛症)ということになります。

 

 

男性ホルモン受容体が抜け毛の原因となる?

AGAの原因は、DHTだと言われていることが多いです。
DHTは5αリダクターゼを減らしていく対策などをしていけば、抑制していくことができます。
しかしDHTだけが原因となっているわけではありません。
DHTがあるだけでは薄毛や抜け毛の症状は起きないからです。

 

男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)とDHTが結びつくからこそ、
成長抑制因子のTGF-βが作り出されてしまうのです。
男性ホルモン受容体がDHTと結びつくほど、薄毛や抜け毛の症状は進行していきます。
DHTが多く分泌されていても、男性ホルモン受容体と結びつくことがなければ何も問題は起こらないのです。

 

何が言いたいのかというと、男性ホルモン受容体には感受性というのがあって、
DHTと結びつきやすいレセプターもあれば、結びつきにくいレセプターもあるということです。
DHTと結びつきやすいレセプターは、AGAになる可能性が高い男性ホルモン受容体ということになります。

 

 

男性ホルモン受容体の感受性は何で決まる?

男性ホルモン受容体が感受性の高いものなら薄毛や抜け毛が起こりやすいというならば、
感受性を下げればいいのではないか!と考えるのが普通です。
しかし、この男性ホルモン受容体というのは遺伝によるもので決まっていくのです。
この遺伝子は母親のX染色体に存在しているものです。

 

なので母親の家系から遺伝しているということになるのかもしれません。
何にせよ、男性ホルモン受容体の遺伝の傾向について知りたい場合は遺伝子検査を受けることができます。
この検査はどこでも行っているわけではありません。
AGAクリニックで遺伝子検査を行っているところならば男性ホルモン受容体に関する
遺伝子を調べることができます。